ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

千賀ゆう子企画公演 語り『心中天の網島』 作:近松門左衛門

d0178257_18265369.jpg


残暑お見舞い申し上げます。
猛暑の折、みなさんお元気でお過ごしですか。

私は明後日の以下の公演に向けて、ただいま練り上げております。
千賀さんは日本のアングラ演劇界叩き上げの素晴らしい女優さんで、
ご自身で数多くの企画制作、構成演出も手掛けてこられた気骨の女性。
オーラが違います。
今回、突然の抜擢をいただいてとても嬉しく光栄であると同時に、
私にとっては初めての語りとのセッション、新たな挑戦に身が引き締まります。
自分が心中しないですむよう(箏と?)なんとかやりおおせたいもの・・・

折しも今日は『被爆65年の広島・長崎』という番組で吉永小百合さんの朗読を聴き、
とても感銘を受けました。
口伝いに「語り」継ぐこと。
最近、言葉や声の力にはっとする事が多いです。
それは近松作品のような古典文学の響きが今に伝えられ、
私たちに何を喚起するかという力にも通じます。
ライフワークとして平家物語を始めとする古典や民話、現代詩を語ってこられた
千賀さんが、今回私に現代的な演奏をと依頼されたのには、
「今に響かせたい」という並々ならぬ熱意を感じます。
千賀さんと、彼女のほとんどの作品に出演してこられた若手女優、
加藤翠さんによる絶品の語り、大変楽しみです。

ところで、会場の猫町西村は古い町屋で、
その名の通り猫が数匹暮らしているそうです。
もしかしたら上演中に猫がステージを横切るやもしれません。
また、猫ですのでもしかしたらどこかに潜んで出てこないかもしれません。
ということをお含みいただき、
近松の語り&猫が好き!という殊勝なご趣味のお方の琴線に触れましたなら、
ぜひ共にお楽しみいただきたく存じます。

そういえば、私が飼っていた愛猫は、
箏を弾いてるといつも傍でじっと聴いていて、
一音鳴らす度に、どの糸が鳴ってるでしょう?クイズのごとく、
次々弦を押さえてミュートしてくるので練習にならなかったという可愛い思い出が。
猫ってとても繊細な振動を察知、観察してるんですよね。
明日はリハーサル!どんな猫ちゃんに会えるかも楽しみです。

*************************************************

千賀ゆう子企画公演 語り『心中天の網島』 作:近松門左衛門
出演(語り): 千賀ゆう子 加藤翠
楽士:今西玲子(箏)
日時: 8月8日(日)18時開演
会場: 猫町西村 兵庫県尼崎市七松町2-14-22
料金: 2,500円(1ドリンク付)
詳細:千賀ゆう子HP
お問合せ・ご予約:猫町西村 tel:06-6417-4560(17:00-22:00)
MAIL: r.ticketicket@gmail.com
(メールでのご予約は7日23:00までとさせていただきます)
*必ず事前にご予約下さい。
*会場の古民家には猫がいます、ご了承ください。
*初めての方にもお楽しみいただけるよう、作品についての詳しい解説もご用意します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近松門左衛門作品を代表する世話物を、二人の女優が全編原文で語ります。
関西公演では楽士に箏の今西玲子を迎え、
表情豊かな古典の抑揚と現代的調べとの阿吽のセッションを試みます。
約一時間半、シンプルなセットながら息を飲む迫真の語りは、
聴く者を深い情の世界へと誘います。
これぞ浪速のネイティブ・ミュージック。
ぜひお運びくださいませ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千賀ゆう子
1966年より早稲田小劇場に10年在籍。脱退後、劇団眞空鑑創立に参加。解散後、1982年に千賀ゆう子企画を設立。現在、特に言語性と身体性を根源的に問い直す実験的な舞台活動を行っている。自身による企画制作、構成演出作品の上演を続けながら、他劇団への客演、プロト・シアター実験演劇シリーズなどのプロデュース公演への出演、舞踏から古典/民話/現代詩の語りまでと、全国各地で様々な舞台に出演。また、東京、音や金時において音楽家たちとの即興演劇などライブ活動も行っている。

今西玲子
幼少より箏、ピアノに親しむ。ロンドン大学大学院で民族音楽学を学ぶ傍ら、主に琴とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを行う。2002年U.K.のクリエイティブ集団TOMATOのアルバムに参加。2007年よりソロ名義、茶YMOとしてCLUBKINGや涼音堂茶舗の電子音楽系イベントに出演、楽曲提供する他、邦楽女子によるライブプロジェクト「ニッポン・ガールズ」に参加。自身のライブ企画「Sound Quest」では、現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出し拡張する試みを続けている。近年、ギターの磯端伸一、バンジョー&ラップトップの小島剛とのユニットの他、音楽家、ダンサー、映像作家、茶人等とコラボレーション多数。

d0178257_19361654.jpg

d0178257_19364735.jpg


****************************
report:
豆 あやの浮遊エリア (Mame Aya Floating Area)
猫町西村の皆さまお世話になりました!

千賀ゆう子企画ブログ  茶のみじごく
[PR]
by soundquest | 2010-08-06 19:39 | concert | Comments(0)