ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

謹賀新年♥A Night with an Engels Girl♥

d0178257_17183441.jpg


新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
2011年は元旦早々ライブで幕を開けましたが、
今年はもう少し腰を落ち着けて自分の表現の術を極めたいと思います。
翻訳にも力を注ぎたいです。
1月は久しぶりの東京ツアーを控え、ライブが9つ、どれも本当に楽しみにしています。
明日のバーエンゲルスガールはとってもざっくばらんでお客さんとの距離も激近!
ご一緒にユルリと楽しい時間をすごしていただければ是幸いです。
この後東京に行くので、しばらく関西ライブがございません。
ぜひぜひ会いにいらしてくださいまし。

1月9日(日) 「Barエンゲルスガール」
今月のエンゲルスガール=今西玲子(キテレツ琴ガール)
ゲスト:小島剛(バンジョーの貴公子)
17時~21時ごろまで チャージ¥500

京都五条近く、町屋の中古レコード・CD・本屋さんにて、一日店番、時々ライブをします。
エンゲルスガールは先日、ユーグ&高岡&磯端トリオも演奏したお店で、
音楽好きの店主さんが数々の面白いライブを企画されています。
今回は毎月一人、近所の音楽好きの女の子が店番をしながら
好きに選曲したり、ドリンクを作ったりするというシリーズにお声かけていただいたようです。
ということで、だらだらお酒を呑みながら、気が向いたら私がライブします。
(演奏時にお酒は呑みませんが)
ゲストに、時々琴とデュオをしてもらっているバンジョーの貴公子、小島剛氏が来てくれはります!
5弦バンジョーからこぼれる音色は大変味わい深く、
琴と合わさるとまるで静かな田園にいるかのような侘びの世界から
突然アメリカの広大な畑へ疾走したり、
ちょっとThe Bookのようにオシャレなんちゃう?と勘違いしそうなモダンな絡み合いありで・・・
これは楽しくなりそう!!!
新年会みたいにしたいので皆様こぞって遊びに来てください~♪
箏とお正月セッションしたい人がおられましたら楽器持ち込み大歓迎。
ただし狭いのでご相談ください。
食べもの持ち込みも大々歓迎!
ほんとは誰かケータリングしてほしいのですが。
17:00から始めて、ライブはたぶん6時半か7時ごろからしようかな。
チャージ500円。各自お酒は自腹で。
急な話ですみませんが、お待ちしてまーす!!
お店は芸術家が集う風情溢れる町屋街にあって、
ユニークな方が集まるのでお時間ありましたらぜひぷらっとお越しやす。

京阪の五条駅からでもタクシーでワンメーターちょいで着くそうです。
(がんばれば徒歩でも)

エンゲルスガール (map)
京都市中京区中堂寺櫛笥町(くしげちょう)5-24
(五条櫛笥通り西入ル1筋目上ル西入ル南側)
075-822-8006
営業時間 14:00~19:00
(土・休前日)   ~21:00
(日・休日)11:00~19:00
不定休


~ゲストご紹介~
小島剛:
人生、就職中。
maxを使ったコンピュータによる即興音楽。
5弦バンジョー、ドラム。
長期的目標は借金返済。
ソロでいろいろやっている他に、所属しているバンドは、
・"ロッケンロール・レビュー"「シマクマガンホース」にバンジョーで参加。
・エレクトリックとアコースティック変幻自在のバンド「青天」にバンジョーとドラムで参加

<小島 剛 プロフィール>※ちょっと古い?
音楽家、NPO法人大阪アーツアポリア副理事。大学在学中よりドラマーとして活動。その後サンプラーの購入をきっかけに、95年ごろよりコンピュータを使った音楽活動を開始。現在まで、国内外の様々なフェスティバルやイベントでライブ活動をおこなっている。近年ではマルチチャンネルを用いた立体的な音響世界を作ることに執心。一方、ドラムの活動も本格的に再開し、ビッグバンドのドラマーとしても活動を行いはじめた。また01年からNPO法人大阪アーツアポリアに所属。サウンドアートプログラムのディレクターを務め、築港赤レンガ倉庫を使って、音をミュージシャン主導によるものから、場主導の音づくりをテーマにした企画展やコンサートを企画。これまで、鈴木昭男展-アナラポスフィア-(2003)、WRK展-field of WRK-(2004)などのサウンドインスタレーション展、リュック・フェラーリ、千野秀一、大谷安宏、などを迎えたマルチチャンネルシリーズ、音と他メディアの対戦型サウンドパフォーマンス企画である近未来系築港赤レンガ倉庫シリーズ(2001-2005)などを企画。2005年4月:大阪市内で自動車運転中に67歳の老人をはねる。
[PR]
by soundquest | 2011-01-08 16:50 | concert | Comments(0)