ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

2/18(金)ノルウェイ音響ハイブリッド・ナイト with Haco and koto

d0178257_146880.jpg


『Music Improvisation Series』
ノルウェイ発、電子音響+オルガンに民族音楽のエッセンス、自作楽器によるハイブリッドな音楽を奏でるアーテイストたち、待望の再来日ツアー!

act:
   Sigbjørn Apeland (organ)
   Espen Sommer Eide (aka.Phonophani,Alog:self-made instrments,laptop)
   Alexander Rishaug (laptop)
   Haco (voice, electronics)
   Reiko Imanishi (koto)


【会場】大阪中崎町common cafe
open 19:00 / start 19:30
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
(地下鉄谷町線中崎町駅2・4番出口上がる徒歩1分)
access

【料金】
¥2000 +drink order

企画: 音波舎

●アーティスト紹介
d0178257_265740.jpg


Sigbjorn Apeland
オルガン・ハルモニウム奏者。ベルゲンでサンドヴィケン教会の常任オルガン奏者を務める。ノルウェイの民族音楽、電子音楽、即興音楽とのコラボレーション、インスタレーション「Organ Tower」などミクストメディアの作曲演奏も精力的に行っている。ノルウェイのグラミー賞(Spellemannsprisen)を2006年(Alogとエレクトロニカ部門)と2007年(Sigrid Moldestadと民族音楽部門)に受賞。


d0178257_213421.jpg


Espen Sommer Eide
ベルゲン在住の音楽家、アーティスト。作曲家としての通称Phonophani、又ユニット名Alogとして知られている。エレクトロニクスとアコースティックを合成した巧緻な自作楽器を奏する。ルネ・グラムフォンからリリーされたAlogのアルバム「Miniatures」がノルウェイのグラミー賞(Spellemannsprisen)を2006年に受賞。多数のサウンドアート・インスタレーション 、イタリアのビエンナーレManifesta7で演奏、ネットアート・プロジェクトなど幅広い活動で知られている。 2001-2006年、Trollofon Electronic Music Festivalのディレクタ-。
http://sommer.alog.net/


d0178257_216431.jpg


Alexander Rishaug
オスロ在住のサウンドアーティスト、プロデューサー、音楽家。彼の作曲は、エレクトロニクス、フィールドレコーディング、トイ、楽器を使用し音色とテクスチャーを拡張している。その作品は、クラシック・ミニマル、ポスト90年代電子音楽、グリッチなどを取り入れつつ、アマチュア的要素と音機材の知識が組み合わさり、ラップトップ・ミュージシャンというよりはシンガーソングライターにも類似する人間くさい温かさがある。
http://www.myspace.com/alexanderrishaug


d0178257_2183532.jpg

Haco
神戸生まれ。ヴォーカリスト、作詞作曲家、エレクトロニクス奏者。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。1995年より、声と電子楽器による演奏に加え、音響装置を用いた独自のパフォーマンスを展開。これまでにソロやHoahio等のCD発売、海外のフェスティバル出演も数え切れない。近年、サウンドアート作品やコンテンポラリーダンスの音楽製作など鋭い感性で活動範囲を広げている。
http://www.hacohaco.net


d0178257_2242872.jpg


Reiko Imanishi
幼少より箏、ピアノに親しむ傍ら、90年代後半よりテクノに傾倒。ロンドン大学院で民族音楽学を学びながら世界各地を旅し、箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを行う。英国のクリエイティブ集団TOMATOのアルバムにも参加。帰国後「茶寮YMO」としてCLUBKINGや涼音堂茶舗のイベントに出演、桑原茂一に楽曲提供する他、邦楽女子ライブプロジェクト「ニッポン・ガールズ」、多国籍音楽集団「Rose Oriental Fusion」、磯端伸一(ギター)とのデュオ等でも活動中。自身のライブ企画Sound Questでは現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出し拡張する試みを続けており、ダンサー、美術家等クリエイター、海外ミュージシャンとの共演も多数。寺社での奉納演奏から即興まで、独特の清澄な音色は内外で好評を博している。
http://soundquest.exblog.jp/
[PR]
by soundquest | 2011-01-13 08:00 | concert | Comments(0)