ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

3.20(日) 『鳥、あります。 ~29.5の平行音楽 vol.11』

d0178257_22232456.jpg


ある夜、大阪北堀江にあるカフェFuturoでのライブの終演後、
もの静かな男性が「僕のイベントに出てくれませんか」と話しかけてくださいました。
お話をうかがったところ、その方は藤田陽介さんといって自作パイプオルガンのようなものを演奏されるとおっしゃるではありませんか。それは私がずっと気になっていた方でした。いつだったか、いつもライブさせていただいているchef d'oeuvreのギャラリーで彼の『11's Moon Organ展』をやっていて、サヌカイトの石が積まれた作品の中で演奏させていただいたことがあって、その時の記帳に私の名を見つけて聴きにいらしてくださったそうです。以前にもどこかで演奏を聴いてくれていたのだとか。
ライブをしているとこんな嬉しい出会いもあるんだなあと、今から共演がとても楽しみです。
今日で二月も終しまい。
私は元旦から続いた怒涛の日々にやっと小休止です。
なんだかもう一年過ぎたかのような濃密な日々。
次はこの3/20までぽっかりライブがないのですが、
ご覧のとおり、とても素敵な出演陣、素敵な場所なので、
その分イメージを膨らませたりしながら待つ楽しみがあるというものです。
みなさんとこの日にお会いできるのを楽しみにしています!

*****************************************
《日曜満月、歌あり、絵あり、邦楽あり、即興、セッション、オークション。寄ってらっしゃい観てらっしゃい!奇人変人天才の、全てを混ぜて煮込んだら、普通の人の出来あがり!》


【出演】
アサダワタル/大和川レコード
HACHIO(パフォーマンス)
umamo+〆(ばちか+森本知恵)
丸尾丸子×貝つぶ
藤田陽介×今西玲子(箏)


【フジタオークション】
藤田陽介の引越しに伴い、過去の平面作品・写真作品など一挙に出品!2007年、金沢/大阪で開催された個展「森の子供」での展示作品の多くがこの日特別に大放出されます。

d0178257_22244381.jpg

d0178257_22284153.jpg

(写真/モノクロ手焼きプリント、パネル仕様、全て一点もの。写真作品、およそ20点ほど出品予定。)
※他、水彩画などの平面作品もおよそ10点ほど出品予定。
d0178257_22262836.jpg

d0178257_22263989.jpg

【開場/開演】
16:30/17:00

【料金】
1500円(D代別途)

【問い合せ】
メール、fujita-yosuke@ee.moo.jp
電話、075-762-4888(TranqRoom)まで御願い致します。

【協力】
音波舎


【会場】
TranqRoom
京都市左京区浄土寺真如町162-2


d0178257_23131455.jpg

藤田陽介: fujita yosuke/音楽家

広島県尾道市生まれ、香川県出身。
音楽家。鳥を師匠とする。
20世紀のクラシック、特に室内楽や器楽曲、ジャズ、ミニマル、民族音楽などの影響を受け、独自の音楽、トーンを追求。楽器は主に声とギター、そして自作楽器「11's Moon Organ」を演奏する。
音を聴き、そこに触れることを感じさせる、“間”の演奏術が特徴的である。
2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。自作楽器「11's Moon Organ」である。
ふいごから何まで一人自宅にて作り上げ、風箱には8個の石が置かれ、その風圧により11本のパイプを鳴らす。鍵盤が無い全く独自の構造によるドローンサウンドである。
手作業によるパイプのいびつさから生まれた複雑な空気のノイズを利用し、風の揺らぎ、星の振動、動物の鳴声とも云えるノイズ奏法から美しいハーモニーまでを持つ、独特の響きである。また絵や写真作品の制作、アートワークやSelf-Portraitなど、力の抜けた姿勢を持ち、2007年には金沢、大阪にて個展『藤田陽介作品展 〈森の子供〉』を開催。現在までに「芸術家にて」(2006)、「石切と4つのコンチェルト」(2008)と二枚のアルバムをFlavour of Soundより発表。現在、石切(大阪)の小さな一軒家で暮らし、各地で活動を行う。
[PR]
by soundquest | 2011-02-28 22:20 | concert | Comments(0)