ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

5/20(金)Sonar set vol.3@京都UrBANGUILD

d0178257_3523530.jpg


イベント詳細http://ekran.jp/event/
date: 2011/5/20 18:30open/19:30start
vanue: UrBANGUILD
entrace fee: 2,000yen

act:
DJ Sniff

d0178257_3544960.jpg

1978年生まれ。ターンテーブル奏者、リサーチャー、キュレータ。
1995年よりDJ活動開始。1998年にsmash TV productionsを組織し、4年間にわたってanti-Gravity, Bistrosmash!など、ジャンルを超えたイベントを東京各所で開催。また2001年にミックスCD「Deframed Memories+-」のリリースを機にブレイクビーツ、エレクトロニカのDJとして数多くのイベントに参加。2007年から現在にいたるまでアムステルダムにあるライブ・エレクトロニクスの研究機関STEIMのArtistic Directorとしてリサーチ、キュレーション、アーティストレジデンシープログラムのディレクションを任される。また、ユニークな演奏ツールを製作/使用しながら楽器としてのターンテーブルの独自性を追求し、実験音楽/インプロビゼーションの分野でヨーロッパ、アメリカ、日本を中心に精力的にライブ活動を行っている。現時点ではFree Jazz, Free Improv, Hip-HopそしてArtistic Approach to Technology (Physical Computing, Max/MSP, etc)の先に見えるターンテーブル表現を目指している。
http://djsniff.com/

Daisuke Ishida
d0178257_3553087.jpg

ミュージシャン、アーティスト。
2000年頃よりミュージシャンとして活動を開始。2002年よりサウンド・アート・プロジェクトThe SINE WAVE ORCHESTRAを主宰。国内外、様々な展覧会に出展。2004年にはPRIX ARS ELECTRONICAにてHonorary Mentionを受賞。
現在はベルリンを拠点に、実験的なエレクトロニック/コンピューターミュージックのインディペンデントレーベルAUSREIHEを主宰。デザイン・プロセス/アーティスティックな文脈における物理的環境に関心を持ち、コンピュータ・ミュージックの美学や論理的帰結に裏付けられた、シンセシスにおける音空間を探求。そのリサーチは、音響特性から聴覚認識、複合系理論、機械学習に基づくアルゴリズムといった分野に及んでいる。
http://isddsk.com/

Reiko Imanishi + Ken Furudate
d0178257_35752.jpg

箏とエレクトロニクスを用いた演奏を行い、様々なジャンルのミュージシャンらとの共演を通じ、箏の音色を引き出し拡張する試みを続ける今西玲子(箏)と、 プログラミングをベースとしたサウンド・ビジュアリゼーション/ノイズミュージックの制作を行う古舘健(映像/Dub)によるデュオ・インプロビゼーショ ン。箏によるメタル・マシーン・ミュージック。Sonar Sound Tokyo 2011にて初ライブ。
http://soundquest.exblog.jp/
http://ekran.jp/anagma/
[PR]
by soundquest | 2011-05-09 06:20 | concert | Comments(0)