ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

5/26(土)五條高瀬川演芸会

d0178257_011266.jpg


d0178257_0111523.jpg




"五條高瀬川演芸会" 
会場:旧五條楽園歌舞練場, Kyoto
2012.05.26 [sat] OPEN 17:00 / START 18:30
一般:前売り1,800円 当日2,000円 / 学割:前売り1,500円 当日1,800円
サイト:http://gojotakasegawa.blog.fc2.com/
ご予約は今西まで (soundquest.info★gmail.com)★を@にしてご送信ください


**************************************

京の都は五條大橋 伝説の娯楽場 旧五條楽園歌舞練場

二〇一二年五月二十六日 新たなる“演芸会”ここに始まる
古典と現代 ジャンルを越え 関西を中心に活躍する気鋭の“遊芸人”たちによる花舞台をお楽しみあれ


出演 :
あたしよしこ [パフォーマンス]
2006年:名古屋クラブロックンロールにてデビュー。★脳想パフォーマンスは、「言葉で表現できない心の色と脳の想いの物語。歌あり踊りあり芝居ありのあたしワールド」現在、拠点を京都に移し、様々なジャンルのアーティスト達とのコラボ等を通じてますます増殖拡大中。

今西玲子 [箏] 共演者:仙石彬人 [TIME PAINTING]
幼少より箏に親しみ、20世紀末のロンドンで箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを始める。あらゆる楽器、ダンサー、アーティスト等との共演を通し、現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出し拡張する試みを続けており、箏奏者としては異例のSonar Sound Tokyoに出演するなど、伝統の上に立つ革新性が注目を集める。寺社での奉納演奏から即興演奏まで、独特の清澄な音色は内外で好評を博している。

大西由希子 [バリ舞踊] 共演者:チリデウィ (平田直子、山本文子)
バリ宮廷舞踊「レゴン・ラッサム」 
20歳で訪れたバリ島で、突然踊ることに目覚める。'96年~'99年、インドネシア国立芸術大学デンパサール校に留学。数年前から「バリ舞踊の根っこの探求」と称し、型に捉われず人と共有できるからだを模索。伝統舞踊以外にも様々な表現を試みている。京都で「バリ舞踊チリデウィ」を主宰し、後進の指導にも力を注いでいる。

双見奈悠 [舞踊] / nayu [ダンス]  鶴亀[舞踊] 他 共演者 : 双見鸞悠
舞踊を花柳流を基礎とする双見流家元・双見悠豊に師事する傍ら、ダンサーとしてバレエ、舞踏、コンテンポラリーダンスなどを学ぶ。
'09年~'11年まで、舞踏グループ「今貂子+倚羅座」のダンサーとして同グループの五條楽園歌舞練場でのカンパニー公演他、主な公演に参加。自身の即興ライブユニット「きんとと」では不定期にライブを展開中。


袋坂ヤスオ[舞踏] 共演者:ryotaro [アコーディオン]、太田ひろ [パーカッション]
1971年北海道生まれ。能楽を学んだのち、97年に舞踏公演に参加。以後、即興の舞でさまざまなミュージシャンやパフォーマーと競演しつづけている。京都のアバンギルドでパフォーマンス「プラネティカ」にも参加。

司会 : 草壁カゲロヲ


協力
● cocokirari 伏見にあるおいしいぱんやさんです。 http://www.cocokirari.jp/
● 株式会社 山久
● アサヒビール

*当日は公演を記念し、デザインされたオリジナルの手拭いや、軽食、チャイなどの物販もあるそうです。


******************************
今回は仙石さんの刻一刻移ろう映像の投影=time paintingと歌舞練場との初遭遇ということで、スペシャルな衣装も無事ゲット。
一夜限りの泡沫の宴が、皆様の記憶にいつまでも焼き付くような舞台になれば良いなと。
演奏内容は箏のソロ、お題は現代の「演芸」です。
この歌舞練場一帯は平安の昔、源融が広大な邸宅を構え、栄華の絶頂に贅を極め、
河原の院と呼ばれていたところで、融が亡くなった後に荒廃したそうです。
当時を偲び詠まれた紀貫之の和歌や世阿弥の作品をモチーフに演奏させていただきます。

共演の仙石さんご紹介など追記します。
仙石彬人 AKITO SENGOKU  Visual Music Artist / Artist
d0178257_1923542.jpg

1983年 静岡県浜松市 生まれ。京都市在住。「モノ」ではなく「コト」を重視し、光や反射、影などの視覚的なイメージを素材に、インスタレーション作品の制作を行なう。
2004年より「時間に絵を描く」というテーマではじめた光によるライブパフォーマンス「TIME PAINTING」では、ミュージシャン、ダンサー、舞踏家など様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、各地の空間にまぼろしのような時間を浮かびあがらせる。
2010年 09月から10月にかけて、北九州在住のギタリスト/コンポーザー 六弦琴とともに北欧ツアーを実施。スウェーデンにて行なわれた "gg Lock Art Festival 2010 in Skåne of Sweden"に参加。六弦琴のほか、日本から参加したアコースティックデュオ 羊毛とおはな、インド政府公認のオディッシー・ダンサー 小野雅子、現地ダンサーらとも共演をはたす。
d0178257_19205564.jpg


*****************************

20日には地元の方々、スタッフ、立命館大学の学生さん達が総出で歌舞練場の大掃除をしてくださいました。
d0178257_19374649.jpg


d0178257_19381060.jpg


見違えるほどピカピカに!
あまりお見せできませんが・・・私は舞台セッティングの打ち合わせやら
d0178257_19415161.jpg


京都新聞さんの取材を受けました。まさにいま話題の文化と風営法について。消えかけた町の火が新たな形でまた灯るその日を、賑々しく取り上げさせていただきますとの熱いお言葉をいただく。
d0178257_19431730.jpg


残席僅かとのこと、当日お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

関西気鋭の遊芸人たちが集う花舞台。
新たなる演芸会、ここに始まる。
d0178257_1934094.jpg



**********************************
report
皆様のお陰を持ちまして、五條高瀬川演芸会、大盛況の内に終了いたしました!
本当に今の京都のエネルギーを感じる素晴らしい場で良い体験させていただきました。
どの演目も個性際立ってて、舞台袖から眩しく拝見しました。
最後に全員で五条音頭を踊ったのもお祭り感溢れて実に愉快でした。おおきに!

大忙しで全然写真撮れなかった。最後にバリ舞踊の大西由希子さん&日本舞踊の双見奈悠 / nayuさんと♡
フィナーレの五条音頭はこれで踊りました。
d0178257_9472420.jpg


五條音頭は開場一時間前に日本舞踊のナユさんをお手本に出演者全員で練習したのだけど、とっても胸キュンな音頭です。でもって本番、B面(てかあれがA面だったっけ)の五條小唄が流れてみんなオロオロ。すかさず司会のカゲロヲさんが「皆様にお伝えしたいことがございます。曲が間違っております」で場内爆笑。。
あー楽しかった。

前日に京都新聞に大きく取り上げていただきました。
d0178257_951146.jpg


立ち見も出るほどの満員御礼
d0178257_9525744.jpg


普段の自分のライブと演芸との距離など考えつつ、見せ方含めてトータルにどうしようかという新しい挑戦で、あと一歩、もう少し!というところであっという間に終わっちゃった。それでも終演後にお客さんから沢山嬉しいお声かけていただけたのは、仙石さんの映像とのバランスのお陰だと思います。
終演後に急いでお見送りに出たのですが、お会いできなかった方もいてすみませんでした、感謝。

以下、白無垢と仙石さんの映像と歌舞練場の摩訶不思議な世界を写真家の山下一夫さんが切り取ってくださったもの。
d0178257_1095416.jpg


d0178257_1011587.jpg


d0178257_10114596.jpg


[PR]
Commented at 2012-04-25 07:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soundquest at 2012-05-03 14:30
こんにちは、お知らせありがとうございます。またゆっくり拝聴させていただきます。五条演芸会でお会いできることを楽しみにしています!
by soundquest | 2012-04-14 00:12 | concert | Comments(2)