ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

2012.7.14,15,16 『舞茶会』~Silk Road dreams in tea, music and dance~

d0178257_340669.jpg

d0178257_8245885.jpg


祇園祭の3日間、銀閣寺近くにお住まいの茶人、ビスゴーさんのお宅で、バリ舞踊家の大西由希子さんと、『舞茶会』をさせていただきます。
この舞茶会は大西さんがビスゴーさんのことや彼の素敵なお家、living with artな暮らしぶりを間口を広げ紹介したいと企画されました。通常お茶事だと二万円位はしますからとても良い機会だと思います。
まずお茶室で一服していただき、お部屋を移動、箏とダンスをお楽しみいただくという、リラックスした会です。
今回、大西さんはバリ舞踊ではなく私の箏との即興で舞ってくださいます。
会のテーマは「シルクロード」、そして「鳳凰」と「龍」。
箏は龍を象った楽器。シルクロードの設えの特別な空間で、鳳凰の舞と出会う瞬間を思うとワクワクします。(大西さんは箏と龍の関係をご存知だったわけでないのに、このテーマを選ばれたそうでびっくり)
一日限定20名、3日間60名限定ですぐ定員に達してしまいそうらしく、ご興味のある方はぜひお早めに予約下さい。
そして終演後は祇園祭へくり出しましょう。

『舞茶会』~Silk Road dreams in tea, music and dance~
■席主:ビスゴー宗園(茶)、大西由希子(舞)、*ゲスト:今西玲子(箏)
■日時:2012年7月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝) 15時半~(受付は15時より)
■於:ビスゴー宗園邸
京都市左京区北白川東久保田町50
■アクセス:
◎四条河原町OPA近くのバス停より、銀閣寺方面行きのバス5、17、32番乗車。「銀閣寺道」もしくは「銀閣寺前」下車。
◎京都駅より銀閣寺ゆき100番乗車、「銀閣寺前」下車。
バス下車後、銀閣寺哲学の道に入る手前、左京区白川今出川交差点より徒歩約3分。

■会費:4,000円
■定員:1日20名(予約制)
■予約:dance.cha.kai@gmail.com
E-Mail予約でお願いします。件名を「ダンス茶会」にし、お名前、連絡先、人数をお知らせください。

デンマーク出身の茶人、宗園・スァーン・ビスゴーさんのインタビュー記事

*****************************
本日(6月2日)は銀閣寺の近くのビスゴー宗園邸へ、7月の舞茶会の打ち合わせに行ってまいりました。
d0178257_8305132.jpg

バリ舞踊家の大西由希子さんと、当日スタッフとしてお手伝いしてくださる皆さん。ビスゴーさんが淹れてくれた冷たいお茶、「エルダーフラワーですね」、と言うと「分かりますか」と嬉しそう。イギリスの初夏を思い出す。
d0178257_831384.jpg

テーマはシルクロード!ということで、ビスゴーさんの膨大なコレクションの中からスタッフのみんなのコスチュームを選ぶ
d0178257_8322256.jpg

どれも可愛くて迷う
d0178257_8331382.jpg

美しい…
d0178257_8335296.jpg

なんてカラフルなの!
d0178257_8343367.jpg

silk road dreams in tea, music and dance...
d0178257_83527100.jpg

さて当日は誰がどれを身につけるのでしょうか…楽しみです
d0178257_8264398.jpg

というか、私は何を着れば・・・?!


:::::report:::::
茶舞会、初日ぶじ終了しました。
何事も初日が大変ですが、終演後に皆で頂くお茶の美味しかったこと。
皆様ありがとうございました。大西さんの鳳凰の舞も美しく愛おしく。
一期一会、明日、明後日も楽しみです。
d0178257_23421714.jpg

銀閣寺近くのビスゴー宗園邸。
d0178257_0214781.jpg

dragon!ビスゴーさん、大西由希子さんと
d0178257_12333859.jpg

変な人集まって~、と初日のスタッフの皆さんと。暑い中本当に感謝!
d0178257_0545290.jpg

********
舞茶会二日目、今日も沢山の方にお越しいただき和気あいあい、楽しかった。
中庭の奥がお茶室。
終演後、雲南省のプーアル茶を頂きながら、お客様との語らいも良いひと時でした
d0178257_1371191.jpg

宵の風が心地良いので銀閣寺道から出町柳までブラブラ。
この辺はいいなあ。鴨川沿いに出たらまた風が心地よくて今丸太町。
メトロ前まできてしもた。四条で祇園祭り観て帰ろ。
d0178257_032252.jpg

小さな恋の物語
d0178257_08955.jpg

(この写真とても気に入ってます。靴と草履を脱いで鴨川の河原で語らう祇園祭の男の子と女の子。)
鉾を飾る龍や鳳凰を探して、一歩でも、近づきたい・・・!
d0178257_4125379.jpg

虎でも群鶏でもなく。。
d0178257_8515248.jpg

獅子でもなく〜この屋根の上に鳳凰がおるはずなんや!みえへん
d0178257_961993.jpg

ちなみに♪ライブ前に見たくないけど伯牙山(琴破山 ことわりやま)というのもあります。
d0178257_9105357.jpg

もう鉾いい、帰りたい
d0178257_017548.jpg

あなたよく倒れないわね
d0178257_0201876.jpg

イベントで気分が上がっている上にお祭りで、箏持って帰らなくていい身軽さが嬉しくて、ついふらふらともの凄いエナジーホールに吸引されてしまったものの、身体は疲れきっていたことに気付き。
引き返したくてももう後戻りはできません、抜け道もありません。
牛のようにダラダラと長時間流されるままに歩き、倒れそうになっていたところ、奇跡的に親切なタクシーと出会って絶対座れるからとわざわざ出町柳駅まで安く乗せていただいて、お京阪で爆睡しながら帰りつきました。

********
猛暑日。エアコン無しで三日間の舞茶会を終えました。
三日目にしてやっと、大西さんと撮りあいっこする余裕も
d0178257_056179.jpg

どうしても食べたかった近所の有名な蕎麦屋さんにもダッシュ、天ぷらなんぞ頼んだものだから出てくるまでにものすごく時間がかかって、結局ほとんど食せず、でもおいしかった。
d0178257_437043.jpg

お茶が終わるまで私は二階で待機。ここも開け放った窓から風が通って快適。
そしてこの眺め。夏やな~
d0178257_029821.jpg

d0178257_0302159.jpg

下に置いてるのは私の白無垢。
d0178257_0315857.jpg

そう、この暑い時に、なんと、着たんです一瞬…
*********
ここからは大西さんのブログレポートより、Takuya Ohshimaさんに撮影いただいた素敵な写真をお借りします。
舞茶会レポート其の一
舞茶会レポート其の二
龍の奏でる冷泉の音に鳳凰が誘われ舞う、という流れをもとに即興パフォーマンス。
d0178257_450529.jpg

私の声と箏の音が静かに響き始めると、中庭の向こうの茶室に赤い衣装の姫が現れ舞始めます。
この時できた『龍と鳳凰』という歌ものは今でも大切な曲です。
d0178257_5332184.jpg

私はその後は夢中で視界はなくなり、その姿がいつのまにか鳳凰に変わったことに気づきませんでした。
d0178257_533845.jpg

ササッ、ササッと気持ちのよい風音がして白い羽がふわりと落ち、気がついたら箏の前に清輝を放つ鳳凰が。
d0178257_595587.jpg

伝説では、鳳凰が唯一宿る木が梧桐といわれますが、箏は桐から成る楽器であることにますます因縁を感じ、鳳凰の存在がとても親密に感じられた瞬間でした(*)。
私の衣装が炎のような赤に、大西さんの衣装が白に入れ替わっています。
d0178257_638638.jpg

d0178257_6393888.jpg

d0178257_717796.jpg

d0178257_785471.jpg

d0178257_792371.jpg

d0178257_795134.jpg

d0178257_7102189.jpg

d0178257_7105535.jpg

*********

シルクロードの設えの中、和光のお茶と龍(箏)と鳳凰(舞)。お楽しみいただけたでしょうか
d0178257_12353739.jpg

d0178257_1232223.jpg

箏はここで演奏、終始心地良い風が通って思いの外暑さを感じなかった。
ただ初日の湿気はどうにも…でした(~_~;)
エアコン無しで過ごした日々なのに、どの写真も涼やかに見えるのは何故でしょう。
美しい所作でお茶を点てる人、いただく人、舞う人、奏でる人、観る人。
国境を超えて繋がる文化の脈がここでは自然に在り、ひとつの静かなパルスとなって「同じ心で愉しむ」という和やかな時が流れていました。

(*)万葉集第五巻に梧桐で作られた琴が娘となって夢に出てくる可愛い歌が詠まれています。
[PR]
by soundquest | 2012-05-24 22:33 | concert | Comments(0)