ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

12/12(水)DECEMBER SESSION FOR NEU MOON@恵比寿SPES-LaB

d0178257_2023225.jpg

先日、名古屋で初めて共演させていただいたインドバイオリンの金子ユキさん、ドラムの十三さんとのトリオが非常に良かったので、この度12月13日に渋谷の音楽バーBar Issheeさんをご紹介いただいて東京で再び共演の機会をいただきました。お二人ともそのために名古屋からお越しいただくので、できるだけたくさんの方に聴いていただけると嬉しいです!Issheeさんの方は三組タイバンでお席も限られているのと、ユキさんがこの機会にツアーを組みたいとのことで、私は12日に恵比寿のスーパーステキなギャラリーSPES-LaBとタイアップ、この日はキーボード&エレクトロニクスの岡野勇仁とのトリオ+BUGIWUGI(大型フェス百戦錬磨のあのお方)のミラクルな映像で、13日の新月に向けてじっくりトリップ感満載の音の旅に出たいと思います。ギャラリーでは進行中のウォールペインティングもご覧いただけます。
平日なので8時スタートと遅めのセッティング、さくっとライブのみお楽しみいただいて次の日のエネルギーチャージしていただけたら嬉しいです!
新月ツアーご参加、お待ちしています!!!

★DECEMBER SESSION FOR NEU MOON★
12月12日(水)
open: 19:30
start: 20:00
料金:2500円 + 1 drink order
出演:
金子ユキ(エレクトリック・インドバイオリン)http://yukiviolin.jugem.jp/
岡野勇仁(キーボード、エレクトロニクス他)http://www.11piano.com/
今西玲子(エレクトリック箏)http://soundquest.exblog.jp/

映像:BUGIWUGI (from DEADBOYZ)

会場:SPES-LaB 
http://www.facebook.com/SPES.LaB
http://paranormalsound.heteml.jp/speslab/
〒153-0062 目黒区三田2-3-20 2F
Tel: 03-6303-2900


d0178257_1727043.jpg

金子ユキ(YUKI KANEKO)
日本では数少ないインドスタイルのヴァイオリニスト。ギタリストとしてのバンド活動の後、2000年よりインド古典音楽を習い始めヴァイオリニストに転向。
北インドスタイルのDr.N rajamやDr. Mohantyより学んだ後、現在は南インドスタイルのDr. L Subramaniamに師事し、渡印を繰り返している。
インド古典音楽の活動の他に、エレクトリックヴァイオリンやシンセサイザーも使用し、自身のバンドfloatやバンドのサポート、即興演奏など様々なジャンルのミュージシャンと共演している。
http://yukiviolin.jugem.jp/


d0178257_1731276.jpg

岡野勇仁(Eugene Okano)
ピアニスト・作曲家、初代ピアノ屋。東京音楽大学ピアノ科卒業、尚美ディプロマコース主席卒業。リサイタルのほか、ブラジル音楽演奏、美術家や詩人、ダンサーとの共演、紙芝居、フリーインプロヴィゼーション、クラブミュージックやエレクトロニクスとの共演など類例をみない多彩な活動をおこなう。NTTインターコミュニケーション・センター「ICC」での「岩井俊雄展」にて「光の出る」ピアノを演奏。紙芝居のユニット「紙芝居モダン」にて原作・脚本・音楽を担当し、様々なアートフェスティバルに出演。第12回文化庁メディア芸術祭入選の方法マシン作品「サーチエンジン」のビデオに名誉マシンとしてピアノ初見演奏参加。同志社大学、東京大学における「フォルマント兄弟」の作品「NEO都都逸」世界初演にキーボード演奏で参加。徳島LEDアートフェスティバルにエレクトロニクスで参加。テクノ、ホーメイ、ジャンベとの共演含むオリジナル曲とバッハによる1stアルバム「カモシカの恋」を全国発売。好評を博す。フランス音楽コンクール第2位、第9回日本室内楽コンクール入選、現代音楽コンクール《競楽4》入選。超絶トランスピアニストとして、世界的にも例を見ない前人未到系の多彩な活動を展開している。


d0178257_1740536.jpg

今西玲子(Reiko Imanishi)
幼少より箏、ピアノに親しむ傍ら、90年代後半よりテクノに傾倒。ロンドン大学院で民族音楽学を学びながら世界各地を旅し、箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを行う。英国のクリエイティブ集団TOMATOのアルバムにも参加。帰国後「茶寮YMO」としてCLUBKINGや涼音堂茶舗のイベントに出演、桑原茂一に楽曲提供する他、邦楽女子ライブプロジェクト「ニッポン・ガールズ」(2007~2011)、多国籍音楽集団「Rose Oriental Fusion」、古舘健とのデュオ等でも活動。Sonar Sound Tokyoや水都大阪等のフェスにも出演するなど、伝統の上に立つ革新性が注目を集める。自身のライブ企画Sound Questでは現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出し拡張する試みを続けており、ダンサー、美術家等クリエイター、海外ミュージシャンとの共演も多数。寺社での奉納演奏から即興まで、独特の清澄な音色は内外で好評を博している。

d0178257_2032857.jpg

映像:BUGIWUGI (from DEADBOYZ)
[PR]
by soundquest | 2012-12-08 11:33 | concert | Comments(0)