ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

宇宙バロック四重奏団リハーサル!

d0178257_0462956.jpg

今日は19日大塚グレコで開催する岩川光、岡野勇仁、五十嵐あさか、今西玲子によるコンサートのリハでした。
いや~プログラムがほんと素敵…です♡
ケーナ、箏、チェロ、ピアノという編成もかなり珍しいですが、アルメニアの曲、ペルーの曲、リュリ、フレスコバルディ、バッハの曲と世界初の組み合わせのプログラム。ケーナ、箏、チェロ、ピアノ用に岩川さんが編曲したアルメニアの曲の日本初演、エクアドル在住の音楽家前田整さんが編曲したバッハ「シャコンヌ」のおそらく日本初演、坂野嘉彦さんが結婚祝いに書き下ろしてくださった箏とピアノのための曲「スーヴェニール」初演、勇仁がこのライヴ用に作曲した新曲「深海と氷河のバラード」初演など、日本初演の嵐でえらいことになってますが、私もまさか箏でアルメニアの古曲を日本初演するとは思いませんでした。岩川さんが箏パート用アレンジを初めて書いたというLullyの曲は最初見たとき箏でできるんかいなと思いましたが、ちゃーんと弾けるようになっていて流石!これまた箏では新世界です。
超美麗バロックから小躍りしたくなるよな可愛い小曲、現代音楽のよにかっこいい古曲、現代音楽最新曲、箏曲古典までが(できるのか)一夜に響きます。なかなか聴けないような珍しい名曲不思議曲たちを世界唯一宇宙バロック四重奏団による演奏でお楽しみください!

岩川っち談:
「19日は廣瀬量平の「ODE:Ⅰ」をチェロとケーナでやったり、ペルーで見つかった18世紀の文書に記されていた「Tonada」を箏、チェロ、ケーナ(シーク)でやったり。こういうのもたぶん非常に珍しいことだと思います。が、リハをした感じだと、ぶっ飛ぶくらい良かった。ぜひ!」

[3月19日(水)東京大塚Greco『縄文、アルメニア、ルネサンス、バロック、そして宇宙へ』
ケーナ=チェロ=筝=ピアノ
~縄文、アルメニア、ルネサンス、バロック、そして宇宙へ~

縄文、アルメニア、ルネサンス、バロック、そして宇宙へ
【場所】大塚Greco http://www.greco.gr.jp/
【時間】Open 19:00 / 1st 20:00,2nd 21:20
【料金】¥3500(季節の一皿付き)1ステージ1ドリンク以上のオーダーをお願いいたしております。
*2ステージとありますが、入れ替え無しの前半後半という通常の
ライブです(同じプログラムを二回やるのではありません)。

【出演】
岩川光(Quena)
岡野勇仁(Piano)
五十嵐あさか(Cello)
今西玲子(Koto)

【program】
Toccata/G.Frescobaldi
Canarie/J.B.Lully 
Tonada/18th century Peru 
Oiseau-Oiseau/10th century Armenia
Flute Sonate BWV1034/J.S.Bach
Souvenir/Yoshihiko Banno
Chaconne(PfSolo arrange)/J.S.Bach arr.Tadashi Maeda
and more

プロフィールなど詳細はこちら:
[PR]
by soundquest | 2014-03-12 23:42 | concert | Comments(0)