ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

5月22日(Fri) 助川太郎+今西玲子+児嶋佐織ライブ@大阪chove chuva

Concert information in Osaka. (English follows)

5月22日(金)は大阪の素敵なお店 CHOVE CHUVA(ショビシュバ)にて、本当に素晴らしい!!ギターリストの助川太郎さん、短冊の相方としてお馴染みテルミンの児嶋佐織さんと共演します。
短冊(児嶋&今西)や助川さんのソロを堪能いただくコーナー有り、デュオやトリオのコーナー有りのとても楽しいプログラムを予定しています。個性派揃いのギター、テルミン、箏から溢れるまたと無いサウンド、どうぞお楽しみに!
もうすぐ会場でお会いできるのを心待ちにしています。

日時:5月22日(金)開場19:00開演19:30
出演:助川太郎gt.、児嶋佐織theremin、今西玲子koto
料金:予約2300円、当日2500円
会場:chove chuva http://www.chovechuva.com/
〒550-0003 大阪市西区京町堀 1-13-2 藤原ビル2F
Tel & Fax.06-6225-3003
★かめ食堂の料理あり!

On May 22 (Fri.) I will perform with a truly genius guitarist Taro Sukegawa and a theremin player Saori Kojima at CHOVE CHUVA, Osaka. We are preparing a lovely program including a solo by Taro, by Tanzaku (短冊/ by Saori and Reiko), each duo and trio, which must be a very much fun! The sounds from each distinctive players of guitar, theremin, and koto would create a new musical experience you've never had before... I am looking forward to performing there and seeing you soon!

Date:May 22(fri)open 19:00 / start 19:30
Venue:chove chuva http://www.chovechuva.com/
Act:Taro Sukegawa (gt) , Saori Kojima (theremin), Reiko Imanishi (koto)
Charge:2300yen (adv)、2500yen (door)

d0178257_20350244.jpg

助川太郎 プロフィール

ジャンルを超えて活動するギタリスト

1973年東京生まれ。2001年 米ボストン, バークリー音楽大学 ギター科卒業。

ブラジル音楽を中心に、ジャズのバックグランド、尾尻雅弘氏に師事したクラシックギターの要素、エフェクターや特殊奏法を多様したサウンドデザイン等、様々な要素が混然一体となっている演奏家である。

近年では民族楽器「口琴」に深く魅せられ、口琴奏者としての活動も開始。ギター、口琴、エフェクターを併用した三位一体の演奏で、音楽シーンに全く新しい世界観を発信し続けている。

ヴォーカリストEMiKO VOiCEとのデュオで結成したブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」では2003年より活動。現在までに5枚のアルバムを発表し、日経ホール、東京オペラシティ、ルーテル市ヶ谷などで毎年夏に開催される「なま音ホールコンサート」は毎回ソールドアウトの人気企画として2014年現在、継続中である。

2013年、ソロギタリストとしての活動をスタート。ギター1本の完全独奏によるアルバム "This is guitarist" を発表し、 diskunionジャズチャートで初登場一位を獲得。「レコード芸術」「現代ギター」「ラティーナ」「CDジャーナル」などの音楽誌 やサウーヂサウダージ(J-WAVE)くにまるジャパン(文化放送)などのラジオ番組など 各種メディアに取り上げられ反響を呼ぶ。

現在はソロギターでの全国ツアーの他、ジャズ、クラシック、ブラジル音楽、タンゴ、民族音楽、芝居の舞台音楽など幅広いフィールドで演奏活動を展開中である。


d0178257_20363215.jpg

児嶋佐織 プロフィール

7歳からエレクトーン、10歳からピアノを学ぶ。
テルミンは、2000年から日本のテルミン演奏・研究の第一人者
竹内正実氏に師事。2001年からは、後進の指導にもあたっている。

2007年から おおたか静流&asian wingsのメンバーとして各地で演奏。
2013年、ノルウェーを代表する現代作曲家Magnar Åmの作品
『Will this moment ever let go?』の初演に参加、
ノルウェーと国内各地で公演。
2013年、ギター・テルミンの菊池誠とのユニット「andmo'」で
1st album『Unidentified Mystic Aether』リリース。
ジャンルを選ばない多彩な演奏活動に取り組み
多数のミュージシャンと共演を重ねている。


d0178257_20371729.jpg

今西玲子 プロフィール

4歳より箏とピアノを学び、留学中のロンドンで箏とエレクトロニクスを用いた楽曲や即興演奏で国内外の表現者との共演を重ねる。英国のクリエイティブ集団TOMATOのアルバム(Beat Records,2002)等に参加後帰国。
ソロ活動をメインに据えつつ、邦楽女子ライブプロジェクト「ニッポン・ガールズ」(2007~2011)、牧瀬敏の多国籍音楽集団「Rose Oriental Fusion」(2010~)、サウンドアーティストHacoとの「aqua jade」(2012~)、古舘健、SUGAI KEN、クボタテツ、磯端伸一とのデュオ等でも活動。
自身のライブ企画「Sound Quest」では現代ならではの出会いにより箏の様々な表情を引き出す試みを続けており、あらゆる楽器、ダンサー、美術家、海外ミュージシャンとの共演も多数。
Sonar Sound Tokyo、音泉温楽、JazzArtせんがわ、CampOff-Tone、水都大阪、Central East Tokyo等のフェスティバルからパリコレクション、伊勢神宮はじめ寺社での御奉納まで、幅広いフィールドで伝統の上に立つ革新性としなやかな音楽的センスが注目される。独自奏法による豊かで静謐な響きは聴き手に新鮮な体験をもたらす。
http://soundquest.exblog.jp/





[PR]
by soundquest | 2015-05-03 20:40 | concert | Comments(0)