ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

Tokyo concerts Lab. の杮落しコンサート

d0178257_23570763.jpeg

昨日は東京コンサーツの事務所移転並びに新しいレンタル・スタジオ「Tokyo concerts Lab.」の杮落としコンサートへ、笙箏デュオの日比和子さんとお招きいただきました。
早稲田駅から徒歩六分、奉仕園の中に位置する落ち着いたスペースです。

d0178257_00061191.jpg

d0178257_23581169.jpeg

オープニングに演奏された武満徹の「ムナーリ・バイ・ムナーリ」は1967年に作られた実験的かつ今も鮮度を失わない作品で、この新しいスペースで若い人たちにどんどん面白い試みをしてほしいというメッセージが伝わるような、耳も心も開かれてゆくとても素敵な演奏でした。この作品を聴いたのはいつ以来だろう、もしかしたら武満が亡くなった直後のロンドンサウスバンクで聴いた武満徹ウィークのようなコンサートだったかもしれない。。とクルクル回るカラフルな風車を眺めていたらそんな記憶も蘇ったのでした。その他の作品もどれも楽しみましたが、湯浅譲二作品のチェロと武満の「さくら」の合唱が特に印象に残りました。
「さくら」は最近、笙箏デュオで演奏したばかりで、これをより洗練したものにしたいと思っていたところなので二人で聴けたことにも感謝。


会場には私の恩師、有馬純寿氏や声楽家の松平敬氏もおみえになっていたのですが、なんと有馬さんは前々日19日のライブ会場velvetsunに開演前のぞきに来てくださっていたそうで、早い時間だったのでまだ誰も到着していなかったと^^偶然お会いしなかったら知らないままでした。しかもその日私は演奏しながら昔氏に頂いた言葉を思い出していたのです。
それは時々思い出す言葉なのですが今でも良くなっているかわかりません。だから聴いていただきたかったなあ。。!

まだ実現するか分かりませんが、今年のSOUND QUEST企画についても少し展開があるかもしれません。


さらに、松平さんとお会いしたのもずいぶんと久しぶりだったのですが、氏曰く「ちょうど今日Facebookで東京23区の歌コンサートのことが出て来たところ」とのこと、ちょうど3年前の4月26日だったのですね、びっくり。

d0178257_00070167.jpg

このFacebookの勝手に過去を振り返りましょう機能、侮れません。。先日も本当に久しぶりに東保光さんとお会いしている最中に「東保光さんとの過去を振り返りましょう」とプッシュ通知が来て二人でおののきました。。何かの記念日だったようです。


話がそれましたが、Tokyo concerts Lab.これから注目です。
http://tocon-lab.com/


d0178257_00074909.jpg

帰りは日比ちゃんと近くの穴八幡みやで笙箏デュオの繁盛祈願♪
次は私もお着物で。。。!

d0178257_00013874.jpeg

d0178257_00024024.jpeg

[PR]
by soundquest | 2016-04-28 23:02 | 日々のこと | Comments(0)