ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

12月26日(月)今西玲子企画コンサートシリーズ 『SOUND QUEST 2016』 〜果月の瞬き〜

d0178257_19460371.jpg
d0178257_19462435.jpg
*English information follows

年に一度のスペシャル企画コンサートのご案内をさせていただきます。
SOUND QUESTではコンサートを通して、箏という楽器の可能性を追求すると同時に、お越し下さる方に新鮮なサウンド体験、インスピレーションを掻き立てる出会いを提供したいと考えています。
今年はこの一年ほど取り組んできました箏笙デュオで、現代音楽作曲家のマエストロ、藤枝守氏の『植物文様第十一集箏笙二重奏曲』を演奏する他、昨年ジュネーブ国際音楽コンクール作曲部門で日本人初の優勝を飾られるなど注目を集める新進気鋭の作曲家、薮田翔一氏に委嘱した箏ソロ曲『Twinkle』の初演、箏笙声のトリオで私のオリジナル曲をお聴きいただくなど盛りだくさんの内容となっています。
そうした内容に相応しい独特の美しい響きを持つ近江楽堂を会場に選び、素晴らしい共演者のお二人と共に、皆様に一音一音生音の響きをお楽しみいただけるようプログラムを通して工夫してお届けしたいと思っています。
師走のお忙しい時期になりますが、来年1月のフランス公演を目前に今年最後を締めくくる本コンサートをぜひお聴きいただきたく、何卒お運びくださいますようよろしくお願い申し上げます。

今西玲子企画コンサートシリーズ
      『SOUND QUEST 2016』 〜果月の瞬き〜

開催日:2016年12月26日(月)
出演:今西玲子(箏)日比和子(笙)行川さをり(声) 
時間:開場18:30 開演19:00
料金:ご予約3500円 当日4000円

会場:近江楽堂
   東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F

*電車でお越しの場合:京王新線初台駅東口出口から徒歩3分
*お車でお越しの場合:地下2階、一般駐車場をご利用下さい(30分 300円、最大2000円)


ご予約・お問い合わせ:
SOUND QUEST事務局:soundquest.info@gmail.com まで、件名を『近江楽堂予約』とし、お名前、人数、ご連絡先お電話番号とメールアドレスを添えてお申し込みください
TEL: 080-1484-9177
*お席が限られておりますので当日の無断キャンセル等はご遠慮いただきたく、
何かございましたらまたご連絡いただけましたら幸いです。


<出演者プロフィール>

d0178257_19561231.jpg

行川さをり(声)
大学入学と同時に音楽に目覚め、現在はJazzとBrazil音楽の歌い手として都内中心に活動。絵を描くような、自由で即興的な声を用いた独自の空間表現を目指している。CDは個人作として2010年に「Se Pudesse entrar na sua vida」、2013年に「Fading Time」、2015年にはリーダートリオphacoscape(ピアノ伊藤志宏・クラリネット土井徳浩)名義で「[-scpes,]」をリリース。この他、NTT docomo /JR東海/資生堂/シャディー/SEIYU等のCM歌唱、トリビュートCD「大滝詠一“A LONG VACATION”from ladies」参加等、活動の幅を広げている。


d0178257_00322522.jpg
日比和子(笙)
国立音楽大学卒。在学中に笙と出会い、雅楽の演奏を始める。2008年より伶楽舎(れいがくしゃ)メンバーとして武満徹作曲「秋庭歌一具」の演奏に参加、’09年MITO音楽祭(ミラノ、トリノ)に出演、’08年より文化庁主催の学校公演事業にて全国の小中学校での公演を行っている。古典雅楽の他に様々な伝統楽器、民族楽器、オーケストラ、声、ダンスとの共演やソロ活動を行いながら音楽の多様性を探る活動をしている。


d0178257_19573472.jpg

今西玲子(箏)
4歳より箏とピアノを始め、留学中のロンドンで箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを始める。Sonar Sound Tokyo、Jazz Artせんがわ、音泉温楽、Camp Off-Tone等フェスティバルやMIHARAYASUHIROパリコレクションへの出演、伊勢神宮はじめ寺社での奉奏、学校公演、即興演奏まで、伝統の上に立つ革新性としなやかな音楽的センスが注目される。自身の企画SOUND QUESTでは現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出す試みを続けており、あらゆる楽器、ダンサー、 美術家、海外の音楽家、老舗企業とのコラボレーションも多数。2017年1月にはフランス5都市で公演を行う(国際交流基金助成プログラム)。独自奏法による豊かで静謐な響きは聴き手に新鮮な体験をもたらす。


d0178257_00352824.jpg

Please check the REAL TOKYO for English Information!
Act: Reiko Imanishi / koto, Kazuko Hibi / sho, Sawori Namekawa/ voice

Sound Quest is a concert series exploring the unknown beauty of the koto sounds through Reiko's living exchanges with today's amazing artists. This year will become a special occasion to present;

"Pattern of Plants" -The Eleventh Collection "Duo for koto and sho"- by Mamoru Fujieda who is one of the most inspirational composers in contemporary music.

World premier of "Twinkle", a commissioned work for Reiko Imanishi by Shoitchi Yabuta who is receiving a focus of world attention by winning the first prize of Geneva International Music Competition 2015 in composition. "Twinkle" is his first piece for solo composition for koto.

Also Reiko's original pieces will be performed with special version for this trio.


[PR]
by soundquest | 2016-12-26 00:36 | concert | Comments(0)