ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

11月9日(水)東京 奇才パーカッショニストJoss Turnbull来日公演 "DUO" with Reiko Imanishi

d0178257_22562029.jpg

開催日:11月9日(水)
出演:
Joss Turnbull (percussion, electronics)from Germany
今西玲子 /Reiko Imanishi(箏/ koto)
時間:open 19:30/ start 20:00
チャージ:投げ銭制 (別途チャージ500円+ one drink order)
会場:Bar Isshee
文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階
千代田線千駄木駅徒歩2分、団子坂下交差点すぐ、地下 居酒屋「月」隣
Map
http://i1347.photobucket.com/albums/p708/Shunichi_Ishida/Mapcorrect_zps41d36896.jpg

この度LebiDeryaのメンバーとしてドイツより来日する素晴らしい感性のパーカッショニストJoss Turnbull氏とのスペシャルなセッションの機会をいただきました。
Jossさんから直接メッセージいただいて彼の音源や映像を拝聴し、あまりの素晴らしさに驚いた次第。Bar Issheeにて共演を実現することができる運びになりました。
様々な手技による演奏が素晴らしいのはもちろん、特に楽器や身体が拡張したかのような繊細なライブエレクトロニクスの用い方に非常に共感、興味を覚えています。
今回はZarb Zurkhaneという、イランの古式で使われるgoblet drumを演奏される予定です。完全即興です。私の箏とどのような世界が生まれるか、ぜひ聴きにいらしてください!

尚、今回Bar Issheeで2 days組んでいただいていて、翌10日はTumo(竹下勇馬(b)+石原雄治(ds))
featuring今西玲子(琴)というこれまた楽しみなライブがございます、ぜひ併せてお運びください。


JossTurnbull
ドイツ出身。トンバク、マズハル、レクなどの中東のドラムを演奏。ミニマルな一つの太鼓の演奏から、指、手のひら、指の爪、スティック、音叉、ブラシやゴム、さらにエレクトロニクスを駆使し、広大なサウンドスケープを生み出す。自身の身体と、楽器・電子機器が一体となり、原始的かつ有機的に生音と電子音を融合させる。ドイツ国内の他、イギリス、レバノン、ダマスカス、アラブ首長国連邦、アルバニア、スーダン、エリトリア、ヨルダンなどで、ソリストとして、また国際的に評価の高いアンサンブルのメンバーとして国際的に活躍。2013年発表の初のソロアルバム"Isturnbull" は "Deutschland Radiokultur" で紹介され、「彼の世代で最も有望で魅力的なドイツのパーカッショニスト」とコメントされた。2014年、故郷マンハイムでは、ソロ・アーティストのための賞を受賞。
http://www.jossturnbull.de/index.php/en/
—> https://www.youtube.com/watch?v=9uW9gmjoNak
—> https://soundcloud.com/jossturnbull

Hailing from Germany, Joss Turnbull is playing middle eastern drums such as Tonbak, Zarb Zurkhane, Mazahr and Reqq. Introduced to Iranian percussion by Mohammed Reza Mortazavi the Iranian goblet drum Tonbak became the center piece of his artistic work. His sound ranges from minimalistic musical explorations of one instrument through fingers, palms, fingernails, sticks, tuning forks, brushes and rubber to more extreme and raw soundscapes, supplemented by electronics. On stage, his Tonbak and electronic devices seem to become an extension of his body. They are acting as one organism and creating an organic and archaic synthesis of acoustic and electronic texture. Over the years concerts as a soloist and as a member of international acclaimed ensembles have taken him to world wide Festivals such as Shubbak Festival at the Barbican hall in London, Irtijal for experimental music in Lebanon 2015, Al Hamra Theatre Damascus, Tarek Atoui’s Revisiting Tarab at the Sharjah Art Foundation UAE, Jazzfestival Albania, Goethe Tour in Sudan, Eritrea and Jordania, Jazzfest Berlin a.o. He Released his first Solo Album "Isturnbull" in 2013 which was presented at "Deutschland Radiokultur" who call him „…the most promising and fascinating german percussionist of his generation“. 2014 he received an award for Solo artists in his hometown Mannheim, Germany.

[PR]
by soundquest | 2016-11-04 22:59 | concert | Comments(0)