ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

アーティストネーム変更のお知らせ

親愛なる皆様へ。

いつも応援していただきありがとうございます。

昨日までリハ含め三日間、京都長楽寺での公演も良いお天気に恵まれて(自他共に認める晴れ女)、各回たくさんのお客様にご覧いただきました。三年目となりましたが、実は調弦や音入れ箇所等全て書き込んでいた台本が見つからず、今回は白紙に戻りこれまでの経験を糧に再構築して臨みました。結果今までで一番しっくりくる音入れができたのではないかと思います。
お客様はほとんど私の両親のようなお歳の方でしたが、反響もこれまでで一番で、お箏一面で奏でているとは思えない、天上の音楽を聴かせていただきました、一音一音ゾクゾクしました等々、終演後やアンケートでは私のオリジナル奏法にも好意的で嬉しいお言葉の数々をいただくことができました。これから世代を超えてもっとたくさんの方に聴いていただけるようがんばりたいという想いを強くしました。


今日は久しぶりに実家で迎える誕生日、明日からの短冊リハに向けてゆっくり身体と気持ちを整えています。
私事ですが、誕生日の本日、アーティストネームとして「紅雪」(こうせつ)を襲名いたしました。
いつの間にかこの道にどっぷりはまってあっという間に月日が過ぎました。
今、白紙に戻ることは不可能ですが、これまで得てきたものは大切にしつつ、築いたものの上にあぐらをかかず、また新たな次元へ進む時期かしらと感じて、名前は私の最初の箏の師でもある母が書家の時代に使っていたものをいただきました。
紅の雪は存在しませんが、目に見えぬ世界、聴こえない音を表現してみせることこそ芸術、芸能と心して、この名と共に歩んでまいります。


すでに今後のコンサートの告知等では紅雪になっていますが、追ってfacebook page等も更新してまいりますのでよろしくお願いいたします。
これまで今西玲子を支えてくださった全ての方に心から感謝申し上げます。今後は紅雪としてまた変わらずお付き合いいただけましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

今西紅雪拝

d0178257_23023937.jpg
京都長楽寺客殿。私の位置から見えなかったですが、初日二回目の公演で鷺のくだりが出てきた直後に一羽の鷺が庭に降り立ち、お客様がざわつくというミラクルが。やっぱり絶対分かって登場してると思う、あの鷺。演奏と語りのバランスもその回がベストでした。
d0178257_23032771.jpg
千賀ゆう子さんと、お手伝いしてくださったワカさんと

d0178257_23035554.jpg
今回初めてみた祖母の黒留袖を母が出してくれたのですが、なんと鷺の手刺繍が施されていてまさに鳥肌。
小さい人
だったのでお袖が短いのですが、、今西玲子として最後の日に平家物語で揚羽の蝶の祖母の黒留で演奏できてとても幸せでした。


[PR]
by soundquest | 2017-05-29 23:05 | news&schedule/お知らせ | Comments(0)