ブログトップ

SOUND QUEST by 紅雪(Kohsetsu)

今西紅雪(音楽家・翻訳家)


by soundquest
プロフィールを見る
画像一覧

6月6日京都UrBANGUILD 『HURDY GURDY MAN from Ohio!!』

d0178257_22282438.jpg


誕生日及び紅雪襲名への温かいお言葉の数々ありがとうございます

胸に刻んで、また新しい気持ちで歩んで参ります!
紅雪としてのソロ最初のステージは、一月のフランスツアーで大変お世話になった大切な友人で若き才能溢れるハーディーガーディー奏者、Brian McCoy氏日本初上陸のコンサートです。
同じくフランスツアーを共にした仙石彬人氏のタイムペインティングと、共演は初めてになりますが大好きなギターリスト「もぐらが一周するまで」との楽しいセッションです。
楽器、機材フェチのブライアン、ハーディーガーディーにもエフェクターを用いたひと味違った演奏を聴かせてくれるはず!
この日は演奏しませんが、アコーディオンのアーメルも来場します。
まだつい昨日のような気がするフランスツアー「庭師の夢」チームでの再会も本当に嬉しくて楽しみな夜です💓
風も心地よい京都の宵、ぜひみなさんにお会いできたら嬉しいです


06.06 [tue] "HURDY GURDY MAN from Ohio!!"
at UrBANGUILD, Kyoto

SESSION :
Brian McCoy [Hurdy gurdy / from Ohio, US]
紅雪 ex. 今西玲子 [箏 Koto]
もぐらが一周するまで [Guitar]
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

* * *
OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 1,200yen + 1drink / door. 1,400yen + 1drink

Reserve :
http://www.urbanguild.net/ur_schedule/event/66tue-hurdy-gurdy-man-from-ohio
* * *

Brian McCoy [Hurdy gurdy / from Ohio, US]
https://soundcloud.com/user-676733725
Brian McCoy comes from Ohio, US and is currently based in France. He's been practising hurdy-gurdy for years before deciding to move overseas to enhance his relationship with this traditional european instrument. From his fascination for amplified music results the fact that we can often find him surrounded by effect pedals and electric hurdy-gurdies. His research is based on connections and disconnections from tradition through a personal improvisation path.As a solo performer, he journeys into minimalist and psychedelic sonic landscapes.


紅雪 ex. 今西玲子 [箏 Koto]
http://soundquest.exblog.jp/
4歳より箏とピアノを始め、留学中のロンドンで箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを始める。Sonar Sound Tokyo、Jazz Artせんがわ、音泉温楽、Camp Off-Tone等フェスティバルやMIHARAYASUHIROパリコレクションへの出演、伊勢神宮はじめ寺社での奉奏、学校公演、即興演奏まで、伝統の上に立つ革新性としなやかな音楽的センスが注目される。

自身の企画SOUND QUESTでは現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出す試みを続けており、あらゆる楽器、ダンサー、 美術家、海外のアーティスト、老舗企業とのコラボレーションも多数。2017年1月にはフランス4都市で国立劇場二ヶ所を含む公演を行った(国際交流基金助成プログラム)。

独自奏法による豊かで静謐な響きは聴き手に新鮮な体験をもたらす。同年5月に紅雪を襲名。


もぐらが一周するまで
http://roundingmole.tumblr.com/
佐藤亘によるエレクトリックギターを使用するソロユニット。反復フレーズの減衰/増幅を利用したエレクトリックギターミュージック。

ソロライブはもとより、近年はパーカッションとのデュオ形式をはじめ、ミュージシャン、演劇、舞踏、狂言、ライブペイント、パフォーマー、映像集団・・・・とのセッション等、その活動は多岐にわたる。


仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
http://akitosengoku.blogspot.jp/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている



#HurdyGurdy #ハーディガーディ #BrianMcCoy#Ohio #箏 #Koto #紅雪 #ReikoImanishi #今西玲子 #もぐらが一周するまで #仙石彬人#AKITOSENGOKU #TIMEPAINTING #LIQUIDLIGHT#LIQUIDLIGHTSHOW #VISUALART #UrBANGUILD#アバンギルド #Kyotoart
ー 場所: Urbanguild アバンギルド

[PR]
by soundquest | 2017-05-31 22:27 | concert | Comments(0)