ブログトップ

3月25日 東京 Musilogue Music Showcase Specialに出演します

d0178257_19205098.jpg
3月21日に『秘色の雨』(ひそくのあめ)を含むmusilogueの作品が全国リリースされます!
3/25に青山のHADEN BOOKS:にて開催される記念イベントに、なんと今回は箏ソロで出演させていただくことになりました。お役目重大ですが、、アルバムの中から数曲と未発表のオリジナル曲も演奏する予定です。
もう一組は
Elephant and a barbar』の藤谷一郎さんと栗原健さんという、しびれるサウンドの本当に素敵なお二方との贅沢な午後。都会のオアシスのようなアットホームな空間で、箏の響きも相性が良いのではと、とても楽しみです。
昨日情報解禁されたばかりですが、お席がかなり限られるそうなので、お越しいただける方はご予約ぜひお急ぎいただけましたら嬉しいです。
いつもライブ後って私バタバタしていますが(なにせ箏は撤収に時間がかかりますし)、今回は終演後にラウンジタイムがあるそうなのでゆっくりお話もできそうで、そちらも楽しみにしています✨
d0178257_20192390.jpg

**********************************

音楽家プロジェクトMusilogueが送るLiveシリーズ『Musilogue Music Showcase』が25日に青山のカフェHADEN BOOKS:にて開催されます。今回のこのイベントは、Musilogueでリリースしてきたアルバムが21日の全国一斉リリースされる事を記念しての特別イベントとなります。出演するのは『Elephant and a barbar』で独自のアンビエントJazzの世界を披露した藤谷一郎と栗原健、そして『秘色の雨』で箏の魅力を存分に披露してくれた紅雪、この2組が出演します。Musilogueの発起人である野崎良太もこの日は参加し『Musilogueとは?これからの音楽家に必要なものは?』をテーマにトークショーをさせていただきます。この日は会場の大きさに合わせ少人数制とさせていただきます。とても雰囲気も良くコーヒーが美味しいHADEN BOOKS:で心地よい音楽を聞きながら皆さんと休日の午後を過ごせたらと思います。今回は終演後出演者との歓談時間もございます。

また、Musilogueアルバムの絵を全て描いている栗原健の作品が3月21日〜25日までHADEN BOOKS:に展示されています。

ぜひお越し下さい。

325 @ HADEN BOOKS: by Geen Land
open 14:30 start 15:0018:00
前売り 3300円(税込)
当日 3800円(税込)
会場にて別途1ドリンク注文をお願い致します。

〒107-0062 東京都 港区

南青山4-25-10 南青山グリーンランドビル
http://www.hadenbooks.com/
前売りチケットのご購入は以下のサイトよりお願い致します。
https://musiloguesp.peatix.com/view

d0178257_21293505.jpg




- 出演者プロフィール -

藤谷一郎 / Ichiro Fujiya (Bass)
幼少の頃からピアノを習い、小学生でビートルズにハマる。小楽5年生の時ギター対決に破れベーシストを志す。数々のバンド、サポートを経て20代の頃からプロとして活動開始。過去に、Time Fellowship(ホリプロ)、unistyleEMI)というユニットで二度のメジャーデビューを経験する。同時に数々のアーティストの作品に、プロデューサー、アレンジャー、楽曲提供、ベースサポート(RECLIVE)という形で参加。

*藤谷参加作品・東方神起「Forever Love」「時ヲ止メテ」、柴咲コウ「one’s heart」、V6chance!」、SMAP「ハロー」、KAT-TUNBUTTERFLY」、BoAstill」、堀江由衣「Time Machine etc..BassRecordingLiveSupportアーティスト Jazztronik、ウカスカジー、来生たかお、SMAP,、安藤裕子、ゴスペラーズ、沖仁、前田敦子、May’n etc..


栗原 / Takeshi Kurihara (Saxophone, Flute奏者/作曲/編曲)

群馬県出身。高校時代にリズム&ブルース、ロカビリーバンドをやる事になり独学で土手でサックスを吹き始める。雑食的にさまざまなライブ、レコーディング、セッション、ビッグバンド、路上ライブ、小さなJazzクラブのマスターなどを経て今に至る。MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO, CENTRAL, Kyoto Jazz Sextet サックス担当。最近では自己のバンド”Takeshi Kurihara Quartet” “Takeshi Kuriharaソロライブでの活動の他、Jazztronik, ROOT SOULなど、他多数のライブ、レコーディングに参加。太くアーシーかつ色気あるサウンドと野性味溢れるキャラクターが好評を博している。日本国内のみならず、オーストラリア、イギリス、中国、カザフスタンなどでも演奏経験を持つ。これまで関わらせていただいたアーティストは、Super Butter Dog, Scoobie Do, スパノヴァ, HERBERT, Chara, 福原美穂, Carlos Garnett, 土岐麻子, クラムボン,SARO, Going Underground, マボロシ, Soulcrap, Takizawa Kentaro, KINGDOMAFROCKS, cro-magnon, 荒井伝太, 清水翔太, 13 Souls, Swing-o, 長澤知之, Kyoto Jazz Massive, DJ KAWASAKI , 近藤房之助, 竹内朋康, Ruth Koleva, Leroy Emanuel, Joe Bataan, SHISHAMO, Nabowa, Soil & ”Pimp” Sessions, なかの綾 などなど。



紅雪 / Kohsetsu (箏)

4歳より箏とピアノを始め、留学中のロンドンで箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを始める。英クリエイティブ集団 TOMATOのアルバム(Beat Records)等に参加後帰国。「snoweffect 茶寮 YMO」として桑原茂一氏のCLUBKINGや坂本龍一氏のイベント、電子音楽レーベル涼音堂茶舗のイベント等に出演、楽曲提供する。
伝統の上に立ちつつも、独自奏法による豊かで静謐な箏の響きを追求し、古典、現代音楽、即興、電子音楽、Jazzといった枠にはまることのない独自の世界観を描くように奏でる。自身のコンサート企画『SOUND QUEST』では現代ならではの出会いにより箏の様々な魅力を引き出す試みを続けている。国内外のあらゆる楽器、ダンサー、 美術家、映画、老舗企業とのコラボレーションも多数。国内外でコンサートやフェスティバル(Sonar Sound Tokyo、Camp Off-Tone、音泉温楽他)、MIHARAYASUHIROパリコレクションへの出演や、伊勢神宮はじめ寺社での奉奏、学校公演等、幅広い演奏活動を行う。ソロの他、テルミンと箏のユニット「短冊」、サウンドアーティストHacoとのデュオ「aqua jade」、「笙箏声」、アコーディオン・箏・サックスによる「紅弥三」等でも活動。2017年1月にはフランス人デュオRhizottomeとヴィジュアルアーティスト仙石彬人と共に仏4都市で国立劇場二ヶ所を含む公演『庭師の夢』を行い、二枚組アルバムをリリース、大きな反響を得た(国際交流基金助成プログラム)。5月今西玲子改め、紅雪を襲名。9月、Jazztronik野崎良太氏の音楽プロジェクトmusilogueよりファーストアルバム『秘色の雨』をリリース。2018年、米マサチューセッツ工科大学で招待アーティストとして公演を行う。

*アルバム『秘色の雨』はこちらでご視聴、購入いただけます。
*******************************************
秘色の雨 -The Rain of Secret Color-/田ノ岡三郎 紅雪 髙橋弥歩
https://musilogue.theshop.jp/items/8512470
ダウンロード販売
https://musilogue.theshop.jp/items/8516873
*******************************************
配信サイト:
iTunes Store
Spotify
AWA
amazonでも買えるようになったそうですのでリンク追加します。
他。
追記:Numero Tokyoで私も参加するmusilogueプロジェクトについて取り上げていただいてます。

https://numero.jp/news-20180319-musilogue/


[PR]
by soundquest | 2018-02-28 21:33 | concert | Comments(0)